検索

がまこう庵

美しい緑が視野いっぱいに広がる地に、自然の循環を大切にするお蕎麦屋さんがあります。そこで提供されるお蕎麦には、周りにある全ての恵が伝わってくる奥深い味でした。そんな素敵な「がまこう庵」さんをご紹介します。



■蕎麦づくりに欠かせないこと

 

お店は霧島連山の麓に位置する都城市吉之元町にあります。今年で創業45年。現在は、2代目店主である蒲生さんが11年前に先代の父親から引き継ぎ、この地で変わらずに営業されています。

「がまこう庵」さんが長年続いている秘訣は、”素材へのこだわり”と”この土地の自然”です。

蕎麦を作る上では”水”がとても大事です。

お店周辺にはきれいな湧水があり、田んぼの水や生活水にも使われています。

きれいな湧水で作られたソバの実を使い、石臼で自家製粉し、それをまた湧水でうつ。自然の恵がたくさん詰まったお蕎麦は間違いなく美味しいです。

気候によっても蕎麦粉の分量を変化させているそうで、一番美味しい状態のお蕎麦が味わえますよ。


『打ち方は誰でもできる。蕎麦は粉挽きの方が大事ですが、それ以前の農家さんが一番大事だと思います。そして、どんな環境で作っているのかということも大事ですね。周辺環境が蕎麦に適しているのかと考えると、この場所が適してるんです』と蒲生さんは話してくれました。



■おすすめのメニュー

 

この土地でしか味わえないお蕎麦。

それを存分に味わえるメニューが「二味そば」(税込1,210円)です。

蕎麦好きの為に考案されたメニューで、ざるそばとかけそば(冷たいそばと温かいそば)の両方が一度に味わえます。蕎麦そのものの香りや味を感じて欲しいですね。


都城市山田町の川野さんが育てた地頭鶏。その炭火焼きが上に乗った「地頭鶏そば(税込1100円」もおすすめ。地頭鶏の脂と炭火焼きの香りが出汁と絡み、最高です!

こちらは知人だった川野さんと食事の席で「地頭鶏入れてみたら美味しいのでは?」という会話がきっかけで生まれて、今では人気の定番メニューとなりました。

そばのお供に外せないのが、「とろめし(税込880円)」。普通のととろめしとは違うんです。

野菜や都城和牛をかけそばの出汁で煮込んで味付けして、そこにとろろ混ぜ込んで作る「特製とろろ」。それがご飯の上にたっぷりとかけてあります。

もう、口の中の唾液が止まりません。一度食べた方は、必ずリピートするみたいですよ。



■繋がりも大切に

 

そのほか、期間限定の商品メニューを地元の方々と一緒になって開発しています。

地元の大豆を使って豆腐屋さんとコラボした「きつねそば」や地元野菜を使った「サラダそば」など、いろんな方々と美味しいメニューを提供されてきました。自店だけではなく、他店の商品メニューに関わったりもされています。

『人付き合いが楽しい』と笑顔で蒲生さんは言います。

『生産者を知ることで作った料理への想いも変わってくるし、生産者とつながることで、仕事も楽しくなる』そう話してくれる蒲生さんは本当に楽しそうでした。



■最後に

 

蕎麦屋の傍ら、農業も行っている蒲生さん。鶏も飼育しており、自然の循環を大切にされています。

がまこう庵で出た残飯を鶏が食べ、鶏が出した糞が肥料になって畑へ行く。育った作物や鶏が、がまこう庵で調理されます。

豊かな自然の中でいつまでも美味しいお蕎麦が提供できるのは、こういった循環を大切にされているからこそだと思います。

私たちは自然の中に生かされているんです。そのことに気づかせてくれました。

みなさんも是非「がまこう庵」さんで、大自然の全てを感じてみてはいかがでしょうか?

心も癒され、素敵な明日が迎えられますよ。



■基本情報

 

名  称:がまこう庵

住  所:宮崎県都城市吉之元町5186

電話番号:0986-33-1226

営業時間:10:00~16:00

定 休 日:毎週火曜日・第1水曜日(祝日の場合は営業)

インスタ:@gamakouan