検索

朝霧の里みやこんじょ ATOM

更新日:2021年7月15日

宮崎には豊かな自然環境があり、地域性を活かした農産物や畜産物が数多く展開されています。

今回ご紹介する「朝霧の里 みやこんじょ」は、その様々な食材が新鮮な状態で手に入る直売所です。


■新鮮な生肉

 

「朝霧の里みやこんじょ」の一番のウリは”馬肉”です。馬刺しはとても人気商品で、毎日全ての商品が売り切れるほど。馬刺しといえば熊本県を思い出す方が多いかもしれませんが、ここ宮崎県都城市でも食肉馬が育てられており、それが店頭に並んでいます。

元馬は東北や北海道で、宮崎の暖かい気候と豊かな自然で育てられた馬は、身が引き締まっていてとても美味しいです。その上、1パック500円〜とお値段も安い。質の良いお肉がこのお値段で食べられるなら、そりゃ売り切れ続出は納得できますね。

その他の生肉も良質なモノが販売されておりますので、ぜひ足を運んでみてください。


■津本式公認店

 

皆さんは”津本式 究極の血抜き”という言葉を聞いたことはあるでしょうか?

”津本式”とは、宮崎在住の津本光弘さんが開発した魚の下処理方法で、業者の方や魚釣りが好きな方は必ず辿り着くという、まさに”究極”の血抜きです。


<工程>

  1. ホース血抜きで、完全に血を抜く

  2. お魚を真空状態で包む

  3. それを氷水に入れ、熟成させる(4〜10日)


大きくこのような工程で仕立てることで長期熟成に耐えられ、お魚本来の旨味を引き出します。

これが今までにないと、多くの料理人等から注目を浴びています。


詳しくは、ご自身でYouTubeチャンネルを開いているので、そちらでご確認してみてください。

↓↓↓

究極の血抜き津本式/Tsumoto


「朝霧の里みやこんじょ」は、全国でも数少ない津本式公認店のひとつ。

そのお魚の切り身が手軽に食べられるのは、ありがたいですね。もっとたくさんの方に知って欲しいという思いもあり、お買い求めしやすい価格になっています。知らなかったという方は、この旨味をぜひ味わってみてください。



■地域密着で

 

お肉・お魚以外にもたくさんの食材たちが並んでいます。

地元の生産者さんが作った新鮮なお野菜や果物は、毎朝直接持ち込まれます。生産者さんと顔を合わせて、想いと一緒に受け取った食材がずらりと並んでいおり、どれもみずみずしいです。店内には美味しい土の香りがしてきます。

その他、地元の高校である「都城農業高校 畜産科」のコーナーを設けており、学生さんが育てた鶏の卵や加工品なども販売されています。学生さんにとっては良い体験になり、地域の方々にとっても応援したいという思いがしっかりと形に出来るのはとても良いことですね。



■最後に

 

広々とした店内には、美味しいものを届けたいという地元の方一人ひとりの想いが溢れていました。

お野菜ひとつとっても同じものはなく、種類や形状以外のそれにこめられた生産者の心が様々あるのではないでしょうか。私たち購入者の受け取り方で、食材の味も大きく変わり、より美味しく頂けると思います。地元の味を知りたいのであれば、まずは直売所へ行くことをおすすめしますよ。地元の方の”想い”を肌で感じてみてください。

また、私自身も初めて知った直売所イチオシの”馬刺し”や”津本式”のように、地元にもまだまだ知られていない商品やサービスはもっとあるはずです。それを発見し、全世界へ伝えていくこと。そして、宮崎への来訪者を増やすことが私たちの使命だと考えてます。これから、もっともっと”宮崎県民だからこそ伝えられる宮崎”を隅々までお伝えしていければと思います。




■基本情報

 

名  称:朝霧の里 みやこんじょ ATOM

住  所:宮崎県都城市高木町6316番地

電話番号:0986-38-1129

営業時間:9:00~19:00