検索

Cafeアパカバール

自宅にいるような感覚でゆっくりまったりとカフェでくつろぎませんか?

今回は、宮崎市本郷南方にある自宅カフェ「cafe アパカバール」さんを取材しました。



■住宅街にたたずむ癒しカフェ

「cafe アパカバール」のオーナーは、元助産師の戸高さん。

昔から自分のお店を持ちたいという夢があったそうで、9年前に念願のカフェをオープンする運びとなりました。


「アパカバール」は、インドネシア語で「元気ですか?」という意味だそうです。

インドネシアのバリ島のように、ゆっくりとくつろいでいってほしいという願いをこめて「アパカバール」と名付けられました。


自宅兼カフェの店内は、木のぬくもりが感じられる落ち着いた雰囲気となっており、ランチタイムには戸高さんが愛情込めて作った料理が振る舞われます。



■素材にこだわった野菜たっぷりの身体に優しいランチ

オープン当初からこだわっているのが、うまみ調味料・添加物を一切使わないこと。

昆布やイリコなどの素材からしっかりとダシを取り、農家から仕入れた野菜を使って毎日お料理を手作りでつくってくださいます。


ランチタイムに頂けるのは、「日替わりランチ」。

バリエーション豊かな品数で、どれも野菜たっぷりです。

毎回内容が変わるため、何度通っても飽きが来ません。


また、戸高さんがつくるお料理は、2年前から保育園の給食としても採用されています。

保護者の方から「野菜嫌いが克服できた」「子どもの便秘が軽くなった」など嬉しい声が届いているそうです。



■米粉で作ったグルテンフリーのケーキ

「cafe アパカバール」さんは、日替わりランチだけでなく、お菓子もつくっていらっしゃいます。

米粉を使ったグリテンフリーで、アレルギーがある方でもスイーツを楽しめるように配慮しているそうです。


ランチのデザートとしてだけでなく、テイクアウトにも対応されています。

シフォンケーキのほか、にんじんケーキやきなこマフィンなど日替わりでいろいろなケーキを販売しているそうです。

完売してしまうことも多いため、気になる方は早めに「cafe アパカバール」さんに足をお運びください♪



■まとめ

こだわりのランチとスイーツでお客様をもてなす「cafe アパカバール」さん。

コロナが落ち着いたら、夕方・夜のオープンにも力を注いでいきたいと語ってくださいました。

ランチタイムは前日までにお電話でのご予約が必要です。


気になる方はご予約のうえ、ぜひ「cafe アパカバール」を訪れてみてはいかがでしょうか。



■基本情報

名  称:Cafeアパカバール

住  所:宮崎県宮崎市本郷南方4165-1

電話番号:0985-56-5241

営業時間:月〜木11:30〜15:00/金曜日12:30〜15:00

定 休 日 :土曜日・日曜日・祝日

特記事項:前日までの電話予約制です

Instagram:https://www.instagram.com/apakabar2013/