検索

日本料理 一石

更新日:2021年9月19日

都城市早水町にある「日本料理 一石(いっこく)」さん。同市牟田町から始まって41年。有名人も通う老舗日本料理店です。今回はこちらに伺ってきました。



■高い技術

 

40年以上続くお店は、店主の河野誠さんが一代で築き上げました。大阪、神戸、金沢の老舗料亭など全国の名店を渡り歩き、腕を磨いてこられた河野さん。

洗練された料理には多くのファンがおり、わざわざ東京から足を運んでくれるお客様がいるほどです。



■見事なお料理

 

確かな腕を存分に味わえる「一石会席コース」は一番のおすすめです。

前菜・小鉢・お造り・吸物・蓋物・酢の物・卵料理・国産和牛の味噌朴葉焼き・天ぷら・旬の焼き物・海鮮丼・香の物・デザート、の全13品が4,400円(税込)。

ここまで本格的な懐石料理を楽しめて、そしてお手頃な価格で味わえます。

季節に合わせてお料理の内容は異なりますが、どの食材も見事に生まれ変わります。

法事や、結納・宮参りなど、慶事ごとの際によく選ばれることもあり、皆さまの人生の1ページに是非お選び頂けるお店となっております。


また、伊勢海老の刺身や焼物などを味わえる「伊勢海老会席」もおすすめです。こちらも6,700円とリーズナブル。ここまで贅沢に伊勢海老料理が楽しめて、この価格は他にありません!

季節もので毎年9月1日から解禁なので、解禁したら是非味わってみたいです。



■新食感!?「エスプーマふわふわ粉雪かき氷」

 

「エスプーマ」とは、スペイン語で「泡」を意味し、あらゆる食材を専用の機械でムースのような泡状にする調理法です。そしてスノーパウダーは、特製ミルクを瞬間的に液体を凍らせて粉雪状に薄く削り、パウダーのような口当たりのかき氷です。


その2つの”ふわふわ”が合わさった”究極のふわふわ”は、まさに新食感のスイーツです!今までにない口当たりで、これからの季節には欠かせない絶品です!



■最後に

 

日本料理を極めた店主のお店は、高級感のある落ち着いた雰囲気でした。


対応してくださった息子さんは、『店舗を拡大していくということはなく、親父から継いだこの味をずっと守っていきたい。父が亡くなっても、都城に残して、自分がおじいちゃんになっても残っているようなお店にしていきたい』と話してくれました。


長年名店で修行されてから40年間続いた”一石の味”は、必ず後世に伝わる味になると思います。時代が変われどここまで続いているのは、「名店」の証です。

名店で修行された店主ですが、これからは「日本料理 一石」から高い技術を持った料理人が出てくることを願っています。



■基本情報

 

名  称:日本料理 一石(いっこく)

住  所:宮崎県都城市早水町3931-1

電話番号:0986-24-9958

営業時間:昼の部11:00~14:00 / 夜の部17:00~22:00(L.O.21:30)(夜の部のみ完全予約制)

定 休 日:水曜日

H  P:ぐるなびページはこちら

Instagram:https://www.instagram.com/ikkoku_1980/