検索

辛麺屋 喜多楼

今回は、辛麺発祥の地である宮崎県延岡市にある今年でオープン12年目の「辛麺屋 喜多楼」のオーナーにお話を伺いました。


名前の由来は、御曾祖父の【喜太郎】さんのお名前から頂いたそうで、漢字を”喜”びが”多”い”楼”とし現オーナーが創業しました。とても素敵な店名ですよね。


オーナーのご両親も飲食店を経営されているそうで、いつか自分もお店を持ちたいという気持ちがあり、様々な経験を経て辛麺店をスタートしました



●特徴は辛さの中にコクのある、旨辛麺


「喜多楼」の辛麺は、豚骨を使った味噌醤油ベースの辛麺だそうで、辛いだけでなくコクがある美味しさが特徴。コクのある辛さって、辛くても食べていて手が止まらなくなりますよね。一度食べたら病みつきになること間違いなしです!


辛さは【辛麺】【激辛麺】【激激辛麺】の三段階で、【辛麺】でカレーの辛口くらいの辛さとのこと。食べるとほんのり汗が滲むくらいの辛さだそうなので、特別辛さに強い方でなくても辛いものが好きな方なら無理なく食べられそうですね。


そして、二段階目の【激辛麺】を食べたお客様の辛さの感想としては、『これにしといて良かった〜激激辛だったらやばかった〜』という程だそうで、辛さに自信のある方でもかなり刺激のある味のようです。

この癖になる”コク旨辛麺”、食べたことのない方は是非ご堪能下さい。

そして!!自信のある方は【激激辛麺】に挑戦してみてくださいね!



●こだわりのスープ

オーナーのお話によると、「喜多楼」の辛麺のスープにつかっている豚骨はかなりのこだわりがあるということでした。


【延岡よっとんさん】という養豚場から仕入れをしている豚骨で、こちらの豚は餌にem菌という乳酸菌を混ぜて育てており、臭みが全くなく油に甘味があるのが特徴だそう。

このこだわりの豚骨スープを使ったメニューは辛麺だけでなく、塩ラーメンなどもあるという事ですので、そちらも是非ご賞味ください!



●辛麺だけでなく、一品メニューも人気!宴会メニューなども。

おつまみにピッタリな一品メニューもたくさんある「喜多楼」ですが、なかでも一押しなのが、宮崎県の【光自然農場】で育てられた早日渡地鶏という地鶏を使った地鶏の炭火焼だそう。


早日渡地鶏は、肉質が柔らかく油が甘い鶏だそうで、ビールと一緒に飲んだら最高のおつまみですね!こちらの地鶏の炭火焼はビールとのセットのメニューがありますので、辛麺を食べる前にまずはこちらをどうぞ!


他にはタン塩焼きや特上ホルモンも人気だそうで、お酒を楽しみながら頂くことができるメニューがたくさんありますので、辛麺は飲んだ後の締めで頂くのもおススメです!


また宴会メニューでコースもございます。

以前、オーナーが鮮魚店で働いていたという事もあり通常、辛麺屋では食べられないような新鮮なお刺身もご予約で対応してくださるとのことですので、ご興味のある方はご予約をお願いします♪



●今後は…

オーナーとしては、多店舗展開を目指し今後も頑張っていきたいという事ですので、今後の発展をお楽しみに!


店舗情報

名  称:辛麺屋 喜多楼

住  所:宮崎県延岡市船倉2丁目5-7

電話番号:0982-32-3923

携帯電話:090-6292-3032

営業時間:18:00~24:00

定 休 日:日曜日

オフィシャルサイト:http://kitarou.kenpokucode.com/menu.html

Instagram:https://www.instagram.com/karamenya_kitarou/?hl=ja