検索

kitchen駒樹

更新日:2月22日

お父様の想いを引き継ぎ…体と心に優しいお弁当とランチのお店がオープン!


縁起ものである「春駒」の「駒」に「地域に根付いたお店になるように」という思いを込めて選んだ「樹」。この二つを組み合わせた店名を持つ「kitchen駒樹」は、もともと現オーナーのお父様が中華居酒屋として経営されていました。


お父様の願った通りに地域の人たちに愛され、しっかりと根付いた「駒樹」。

2021年、お弁当とランチのお店として新たなスタートを切りました。

■体を壊した父を想い、無添加のメニューにこだわる

オーナーのお父様が体調を崩された際に、まず取り組んだのは食事療法でした。無添加の食材や油にこだわった食事をとり続けることで、3か月後には血圧などの数値が見違えるほど良くなったとのこと。その様子を目の当たりにしたオーナーは、改めて食事の大切さを実感されました。


すべての調味料を無添加にすることは難しい。そんな中でも基本となる出汁はすべて一から手作り。鶏ガラの出汁、昆布やいりこの出汁など、すべての味の基本となる部分をしっかりと作り上げています。



■無添加の調味料や素材にこだわった逸品

現在kitchen駒樹では、テイクアウトのお弁当の販売を中心に行っています。中でも一押しなのがスペシャル弁当!

たくさんの中華おかずに加え、白飯以外に雑穀米をセレクトすることも可能。


こだわりのおかずはお父様のレシピを引き継いでいるものも。

科学調味料を使用しない分、香味野菜を増やすなどのアレンジが加えられています。


また、揚げ物をする特殊な「ドクターフライ」という装置を導入することで、通常時より30〜50%の油を吸収しない上に、からっとした仕上がりになっております。さらに食材の中まで油が染みこまないことで水分量を確保し、ジューシーな味わいが楽しめます。


営業は16時までですが、16時までに連絡を入れれば18時までテイクアウトが可能とのこと。夕飯に体に良いお弁当が食べられるのはとても嬉しいですね。



■手作りラー油で楽しむ本格的な担担麺

現在(2021年9月末)はテイクアウトのお弁当とオードブルのみの対応となっているkitchen駒樹ですが、年内にランチ営業も予定しています。


ランチのおすすめメニューは担担麺。オーナーこだわりのこめ油で作る手作りラー油。たれから手作りし、素材にもこだわった無添加の調味料で作られた担担麺は不思議と胃もたれしないのだとか。

ぜひ一度味わってみたいですね。



■いつかは夜営業やネット販売も

現在はテイクアウトとランチを中心に営業しているkitchen駒樹。以前のお父様の経営されていた中華居酒屋を知る近所の方からは、夜の営業について問い合わせを受けることも。

「まだ子どもに手がかかるのですぐには無理ですが、いつかは夜も営業したいですね」とオーナーは語っています。


さらに中華総菜のネット販売も検討中とのこと。時期や方法はまだ未定とのことですが、店名の「樹」が表すようにさらにしっかりと地域に根付き、そして枝葉を広げて大きくなっていくのがとても楽しみなお店です。



■基本情報

名称:kitchen駒樹

住所:宮崎県宮崎市大字島之内7224−5(店の前に2台駐車場があります)

電話番号:0985-39-0386

営業時間:11時~16時

定休日:日・月・祭日

Instagram:https://www.instagram.com/kitchenkomaki/