検索

水菓子屋

更新日:2月1日

今回oneone coffee様からご紹介いただき、都城市にある「水菓子屋」さんへ訪問しました。

お店のスタートはイベント出店をメインにしており、1年後にはテナントを借りてお店を出すようになったそうです。

天気の良い日には行列ができて、1時間待ちにもなる人気店の秘密は何か、オーナーの思いやこだわり、お店の未来などたくさんお話をお聞きしました。

お店の様子。外のスペースでは子どもたちも自由に楽しむことができます!



■「水菓子屋」のこだわり

「水菓子屋」という店舗名の由来は、メインの商品であるかき氷や果物(昔、果物のことを「水菓子」と言いました)の呼び名かとったものだそうですが、そのシンプルな名前のなかに溢れんばかりの思いが感じられます。


元々クリエイティブなことが好きだというオーナー。お店を始める前には、東京のかき氷屋さんを食べ歩いて研究して修行する中で、「水菓子屋」のベースとなるスタイルを築き上げました。


これまでに積み重ねてきた経験を元に作り上げる商品の数々は、お客様のことを考え抜かれたものばかりです。

お店にはお子様が来ることも多いため、お客様の身体のことを考えて素材選びをしており、例えば、砂糖は白砂糖ではなく種子島産の粗糖を使ったり、添加物や保存料が含まれる既製品はなるべく使用しないことを心がけ、蜜を手作りしています。

こだわりの素材とかき氷。ただ、美味しいだけじゃない。



■全てはお客様のために

お店の運営に関して、オーナーが一番大切にしているのは、「お客様に気持ちよく帰ってもらう」こと。

お客様がお店に来る目的は、ただ食事を楽しむだけでなく元気を出すためだったりと様々であることから、お客様ができるだけストレスを感じることなく気持ちよく過ごしてもらえる空間、お店作りを心がけているそうです。


お客様のことを大切にしているのだということは、言葉だけでなく行動からも伝わってきました。

四季を通じて楽しめる「水菓子屋」のお菓子たち



■「水菓子屋」のこれから

オーナーにお店の未来について聞いてみると、なんと、来年には店舗が出来るとのこと。そのため、12月に一度閉店して移転作業が行われるそうです。新店舗は10席ほどあって、外には広い庭があり「地元の人が集まる場所にしたい」といっておられました。

ドリンクやマフィンなど新店舗でも楽しめます


「ブルーベリーや梅を植えて、子どもたちと収穫して蜜を作ったり…」と話すオーナーはとても楽しそうで、聞いているこちらも楽しい気分にさせてくれる素敵な人柄の方でした。

これからもお客様を第一に考え、進化を続ける「水菓子屋」。ぜひ、足をお運びください。



基本情報

名称:水菓子屋(みずがしや)

住所:宮崎県都城市南横市町1049-2

電話:080-4311-5289

営業時間:11:00〜16:30

定休日:不定休(詳しくはインスタグラムをご覧ください)

※12月から新店舗への移転作業を行うため、一時閉店します。

Instagram:https://www.instagram.com/mizugashi_ya/?hl=ja