検索

料理屋くろ木

更新日:9月13日

宮崎市の一番街を抜け西に向かって歩いていくと、黒と赤が目を惹くお洒落なコンテナハウスが。カフェかと思いきや、実は本格的な日本料理屋なんです。


7月27日にオープンしたばかりのコンテナハウスの日本料理屋「料理屋くろ木」さんを取材し、オーナーさんのこだわりなどをお聞きしました。



■コンテナハウスの本格日本料理屋


「料理屋くろ木」さんは、本格的な日本料理を提供するお店です。


もともと店主は料理屋さんをやりたいと思っており、「コンテナハウスの日本料理屋があったら面白そう」と考えていたところ、縁があり宮崎市の飲み屋さん街でコンテナハウスの日本料理屋をオープンする運びに。


店主はこれまで宮崎の老舗料亭だけでなく、兵庫県の有馬温泉や大分県の湯布院、山口県の湯田温泉など日本有数の温泉地の料亭などでも修行を積んでおり、腕前は抜群。


コンテナハウスというポップな見た目とは裏腹に、本格的な日本料理を愉しめます。



■3種から選べるコース料理


「料理屋くろ木」さんでは、3つのコース料理をご用意。


▶5,500円 (税込)

▶8,800円 (税込)

▶11,000円 (税込)


の3種類から選べます。コース料理は完全予約制。オーナー厳選のこだわりの食材を使った8~10品の料理を愉しむことができます。


5,500円のコースでは、前菜、お造り、お椀、魚料理、肉料理、お食事が基本となっており、提供する料理の内容によって8,800円や1万円のコースになります。


仕入れする内容によってもメニューは変わり、お客様の好みにもできるだけ応えているとのことなので、その時その時に合ったメニューを味わえます。


お料理も常にアップグレードされているとのことで、次行くのが楽しみになりそうです♪



■厳選した日本各地のおいしい食材を提供


提供される食材は、店主が全国から厳選したおいしい食材を味わえるのも「料理屋くろ木」さんの楽しみの1つ。


店主が昔、山口県に住んでいたことから、山口名物の新鮮な“ふぐ”をお取り寄せ。“ふぐ”は「料理屋くろ木」さんの特徴の1つでもあり、1年中ふぐ料理を味わえます。



他にも、門川町や日向市の新鮮な魚・お肉は神戸牛や熊本の赤牛・鳥取の松葉ガニなど全国各地からおいしいものを仕入れています。


さまざまなところで修行してきた店主だからこそ分かる、その地その地のおいしい食材。


日本各地の美味しい食材を使った本格的な日本料理が愉しめるのは「料理屋くろ木」さんならではです。



■想いのこもったお料理を


店主が大事にしていることは、「手間暇かけて料理に想いを込めること」と「食べられる食材は最後の最後まで使うこと」なのだとか。


“料理は想い”だと語る店主。


また、「食を通じて命と命をつなぐ手助けをしている」と考えており、フードロスにならないよう食材を大事にされているのだそう。


例えば、お味噌汁を作る時は、カツオやサバ・アジの頭など普通は捨てるような部分も、臭みを取ってダシに使ったり、骨もダシにしたりと、最後の最後まで無駄にしないのだとか。



「このようにするのは手間がかかるけど、手間はお客様に対する想いです。」とお話ししてくださいました。


今日来てくださる人にどうおもてなしをするか。

手間暇をかけることでお客様に想いが伝わり、喜んでもらえる料理が提供できる。


そう考える店主は誰よりも手間暇をかけ、ひとりひとりのお客様に向き合っています。


お客様と食材、料理、すべてに全力で真剣に向き合うからこそ、おいしい料理が提供できるのだと感じました。



■若手が学べる場所を


店主は今後の目標として、「若手を育てていきたい。そのためにまかない屋さんをやりたい」とお話しされていました。


これから先、まかない屋さんの他にも高級料亭、焼肉屋さんなど飲食でやりたいことがたくさんあるのだとか。どんなお店をやるにも、お店を任せられる腕を持った人が必要。そのために、料理の基礎基本を学べる場所としてまかない屋さんをやりたいとお話ししてくださいました。


まとめ


今回は宮崎市の中心地に7月27日新しくオープンした日本料理屋「料理屋くろ木」さんを取材しました。


1つ1つ想いのこもったおいしい料理を食べに、「料理屋くろ木」さんに足を運んでみてはいかがでしょうか?



■店舗情報

店  舗:料理屋くろ木

住  所:宮崎県宮崎市高松町5-5

電話番号:080-6440-4058

営業時間:18時~23時

定休日 :月曜日(月曜が祝日の場合は営業、翌日休み)

Instagram:https://www.instagram.com/kuroki.ryoriya/