検索

七輪焼 はじめ

更新日:2021年4月28日

「宮崎県といえば」と聞かれると、”地鶏の炭火焼き”と答える方が多いのではないでしょうか?今回は「BontinoCafe」さんにご紹介頂き、七輪で焼く地鶏の炭火焼きを提供する「七輪焼 はじめ」に行ってきました。



■七輪焼きと地鶏

 

「七輪焼 はじめ」は、地鶏を中心としたお料理を味わえるお店で、元々あった七輪焼のお店を引き継ぎ、店主の内田さんが新しいお店として2019年8月にオープンさせました。


七輪は調理器具として、肉や魚を美味しく焼くにはすごく優れています。珪藻土で作られた七輪は炭との相性が抜群で、温度が高く、遠赤外線を放出します。そのため、中まで早く火が通り、外はカリッと中はジューシーに仕上がるんです。

地鶏専門の七輪焼屋さんはあまり聞いたことなかったですが、”七輪”と”炭”と”地鶏”この組み合わせは実は最強なんですね。



■幻の地鶏

 

ここは”幻”と称される「ぶり鶏」が食べられる珍しいお店です。「ぶり鶏」とは、通常地鶏の3倍もの日数をかけ、山林の中で放し飼いをする自然飼育をした希少な地鶏です。手間隙がかかるため、今や生産者は都城市乙房町の「中尾さん」という方、お一人だけのようです。

自然に育てられた鶏たちは、筋肉質で噛めば噛むほどうま味が出てくるとっても美味しい地鶏で、県内外に熱烈な愛好者がたくさんいるほどです。

そんな幻の「ぶり鶏」を気軽に食べられるというのは、このお店も希少ですね!



■食べ比べはここだけ

 

それに加え、こちらでは3種類のブランド鶏を食べ比べできるメニューがあるんです。

噛めば噛むほど味のある希少な「ぶり鶏」、普通の地鶏よりもプリっとした柔らかな食感の県代表「みやざき地頭鶏」、厳選されたメスのみのジューシーな若鶏「霧島鶏」の3種類です。全国探しても、この食べ比べができるのは、「七輪焼 はじめ」だけではないでしょうか!?

それぞれに特徴があり、違いがはっきりとわかると思いますので、ぜひ試してみてください。気に入った地鶏があれば単品でもOK。その日の気分で変えて注文するのもいいですね。



■最後に

 

「ありきたりですが、お客様に”おいしかったよ、また来るね”と言われるのが一番と嬉しいです。食事しに来るというよりは、遊びに来るという感覚で来て欲しいです」と笑顔で話してくれた内田さん。


”地鶏の炭火焼き”と聞くと、鉄板で焼かれた状態で出てくるイメージを持たれてる方が多く、自分で焼くのがめんどくさいと思われる方もいると思います。しかし、自分で焼くのが良いと好んで来店されるお客様も少なくないそうです。

お酒を飲みながら、少しづつ焼いて熱々の地鶏を頬張るのが、ここの楽しみ方。網の上で焼けていく地鶏をみたり、肉をひっくり返したりしながら、店主や仲間と会話する。その会話が更に酒のつまみになって楽しい時間が過ごせる。そんな時間を提供してくれるお店です。

小さい頃に友達の家に遊びに行った時、何の目的もないけど楽しい時間を過ごした経験があると思います。母に告げた「遊びに行ってくるー!」という一言。それをなんとなく思い出しました。

みなさんも七輪焼はじめに「遊びに行ってくる」という感覚で行ってみてください。きっと楽しい時間を過ごせますよ。



■基本情報

 

名  称:七輪焼 はじめ

住  所:宮崎県都城市広原町14-14-2

電話番号:0986-77-2026

営業時間:18:00~Close(状況により異なります)

定 休 日:不定休