検索

そば・酒蔵寄人

更新日:1月11日

一人ひとりの人と向き合うことが大切。静かに語りながらも、優しく熱いハートをもった店主のいる店「そば・酒蔵寄人(よっと)」。


以前、当サイトでご紹介した「良菜健房 一帆(いちほ)」の姉妹店でもあり、地元民からも愛される郷土料理店をご紹介します。



■地元宮崎で愛されて17年目


元々は蕎麦をメインとして始めたお店でしたが、「蕎麦を始めるとお酒(日本酒など)もあると良いよね、そうなるとお酒のアテも欲しいよね!」と、どんどん派生していったらしく、今では蕎麦屋と居酒屋という二つの顔で多くの方から愛される「寄人」。

味には定評があり、地元民が観光客や知り合いに勧めることも多いとのこと。

新鮮な刺身は店主自らが仕入れた一品



そんな「寄人」の特徴は、店主の料理や人への愛情。元々はアルバイトで飲食業に関わることになり、いつの間にか店長になっていたという店主は、食材の仕入れは自らおこない、地産地消を基本として常に食べる人のことをとことん想って料理を作っています。

また、お酒も自分が飲んで納得したものしか出さないというこだわり。

だからこそ17年もの長い間、多くの人から愛され続けているのでしょう。

店主こだわりのお酒



■「寄人」おすすめのメニューは?

寄人のランチは週替わり。メインの蕎麦に週替わりでもう一品つくという、満足感たっぷりのランチとなっています。

訪問した日のランチは、蕎麦と天丼、卵焼きというメニューでした。

週替わりランチ(税込1000円)



また、ディナーメニューのおすすめは「地頭鶏(じとっこ)の炭火焼き」。宮崎で昔から愛されてきた地鶏の炭火焼きの味は最高で、寄人でも大人気メニューです。

地頭鶏(じとっこ)の炭火焼き(税込1100円)



■店主の想いと寄人のこれから


店主の話を聞く中で、「料理を美味しく作るのは簡単」という言葉がとても印象的でした。

「食材の準備を怠らず、丁寧に調理すれば美味しく作ることはできます。だからこそ、人を想って作ることを大切にしたい。」店主のそんな言葉からは、17年という時間とそこで出会ってきた人たちを心から大切にしているのだと感じることができました。


店主は、「一人ひとりの人と向き合うことが大切。例えば50人のお客さんがいたとしたら、それはただの50人の集まりなのではなく、1(人)×50(人)。そんな意識で過ごしている。そうすれば、結果は後からついてくる。」と話していました。

そうやって日々を過ごしてきたからこそ、今の「寄人」があるのでしょう。


ぜひ、店主が熱い思いを込めて作った料理を味わいに行ってみてください。



店舗情報

名称:そば・酒蔵 寄人(よっと)

住所:宮崎県宮崎市清水1-2-4 丸屋ビル1F

電話:0985-28-7770

営業時間:11:30〜14:00(L.O:13:30)、17:30〜24:00(L.O:23:00)

定休日:なし

※定休日および営業時間については店舗にお問い合わせください。

※テイクアウトも承ります。詳しくはご相談ください。

Instagram:https://www.instagram.com/sobayacht/