検索

多肉植物レトロ

更新日:1月24日

あなたは多肉植物を育てたことはありますか?実は、多肉植物は管理のハードルが低く誰にでも楽しむことができるものなのです。

今回は、常時5000苗以上の多肉植物を販売している「多肉植物レトロ」のオーナーにお話を伺いました。



●多肉植物にハマる人、増えています。

多肉植物は、花でなく葉を楽しむもの。管理の手間はそこまで必要なく、シンプルに楽しむことができます。


今年で3年目を迎える「多肉植物レトロ」には、常時5000苗類の多肉植物が置いてあります。コロナ禍で「おうち時間」が増えたことから多肉植物を楽しむ人が多くなってきているようで、お客さんも増加傾向にあるとのこと。多肉植物が好きな人も初めて買う人も、きっとお気に入りのものに出会えるでしょう。


「多肉植物レトロ」の苗は、国内だけでなく海外から輸入しているものもあります。特に多肉植物の良質な苗ができる環境にある韓国産のものは、優良な苗であることやオリジナリティがあるために人気があります。



●多肉植物の奥深さにハマったオーナー

オーナーは青森県出身。関東地方で奥様と出会い、宮崎に移住することを決めたのだとか。

移住してきた当初、花を植えるようになった中でハマったのが多肉植物。どんどんと愛情が芽生えてきたオーナーは、いつの間にか自分で店を開き販売するまでになりました。


オススメの多肉植物についてお聞きすると、あまりの種類の多さにどれか絞れないと笑いながら答えてくださいました。ですが、そんな中でもオーナーのおすすめは韓国産のものだそうです。韓国は気候や風土が多肉植物に適しているため、質の良いものが手に入るのだとか。


「多肉植物レトロ」の看板商品は、多肉植物の「寄せ植え」。様々な色や種類の寄せ植えをオーナーオリジナルで作っています。他にもアメリカンカントリー雑貨や多肉植物の関連用品などを販売しているとのことで、多肉植物だけでなくいろいろな出会いが楽しめそうです。


なお、寄せ植えについては予約制のため、ご希望の方は事前にお問合せくださいね。



●多肉植物を広めたい!「多肉植物レトロ」のこれから

オーナーにこれからの「レトロ」についてお聞きしました。多肉植物は奥深く、管理のハードルが低めなために人気の植物です。ですが、もっと多くの人に多肉植物を知ってほしい、楽しんでほしいというオーナー。


これからは全国的に多肉植物を広められるような展開をしていきたいとのことで、もっと遠い将来には、世界に多肉植物を輸出するような展開を思い描いていると教えてくれました。


ぜひ、あなたも多肉植物の世界にどっぷりハマってみませんか?「多肉植物レトロ」なら新しい発見があり、良いものに出会えますよ。


店舗情報

名称:多肉植物レトロ

住所:宮崎県宮崎市田野町2044-3

電話:098-541-9104

営業時間:10:00〜17:00

定休日:月曜・祝日・第二日曜 ※詳しい情報は、インスタグラムをご覧ください。

ネットショップ:https://tanikuretro.thebase.in/