検索

わがや食堂笑来


小林と言えば生駒高原を思い浮かべますが、観光名所の他にも肉、果物、野菜などご当地食材で有名なものも沢山あります。今回は地産地消の食材にこだわりを持った居酒屋「わがや食堂笑来」さんを取材してきました。


創業15年にもなる、肉、魚、野菜の創作料理が並ぶ居酒屋。他にも数店舗経営していて、その核となる「わがや食堂笑来」を今回ご紹介します。

店名の由来は、我が家のように寛げて笑って来られるようなお店にしたいという想いからなるそうです。コンセプトは「おもてなしの精神をもってお客さんに喜んでもらう」。これは全店舗共通で接客に特に力を入れているそうです。


元々は母親がやっていた居酒屋の跡を継いだのが始まりで代替わりと共に屋号を新しく「わがや食堂笑来」に変え心機一転で再スタート。


小さい頃から母親の後ろ姿を見て料理に関心を持って育ってきた現オーナー。

大学へ進学するも跡を継ぐ思いを拭い切れず、すぐさま卒業を諦め跡を継ぐ事を決め、親の元で10年という長い修行を経て知識と経験そしておもてなしの心をじっくり育て、やがて母親の現役引退と共に現オーナーが店を引き継ぎ今に至るそうです。


15年も続けてこれた要因は経営理念にありました。

「お客様の笑顔と幸せを分かち合える会社(店)」に取り組んでいて、スタッフも含め皆が笑顔でいられるお店づくりに注力していました。スタッフが楽しく働ける場所を作る事はとても大切な事で、仕事が楽しければ笑みもこぼれるものです。そしてその笑顔を見たお客さんも笑顔になれる。お客さんに限らずスタッフの事もしっかり考えてくれている素晴らしい経営理念に好感が持てます。


■地産地消の食材


この店は地場の食材を使ったメニューが兎に角豊富で、えびの産地頭鶏やイタリアンチーズを生産している小林市にあるダイワファームから取り寄せているチーズなどを盛り込んだメニューは魅力です。老若男女問わず愉しめるメニュー作りにも注力していて、パスタから刺身の舟盛りまで様々。


■一押しメニュー


地元の食材を活かした特にお勧めしたい料理2品をご紹介。


・焼きチーズ

ダイワファームから取り寄せているカチョカバロチーズというものを使っています。これは第8回ALL JAPANナチュラルチーズコンテストで優秀賞を受賞したチーズだそうです。そのチーズを、運ばれてくる熱々の石鍋で焼いて、照り焼きソース、ワサビ醤油、オリーブオイルの3種のソースで味わうお洒落な一品です。


・チキン南蛮トルティーヤ

えびの産地頭鶏を使ったチキン南蛮にサルサソースを付けてトルティーヤで包んで食べる一品。

サルサのピリッとした辛さがタルタルソースとの相性抜群。地頭鶏の柔らかさと旨味も相まって一度食べたら病み付きです。


■最後に


店内は明るくて席数も多く、カウンター席、座敷、掘りごたつがあります。

座席一つ一つにはランチョンマットが置かれていておかみさんの一言が手書きされていました。おもてなしの心が行き届いたアットホームな空間についついボーっと気が緩んでしまう程にゆったり寛げます。是非一度行ってみてはどうでしょうか。


■基本情報


名  称:わがや食堂笑来

住  所:宮崎県小林市細野125-5

電話番号:0984-22-8472

営業時間:17:30~23:00     

定 休 日:日曜日


インスタ

https://www.instagram.com/syourai_1101/

ダイワファームHP

https://daiwafarm.com/


---以下系列店---


【まんてんや】

https://www.weeeeks.com/post/mantenya-shourai

インスタ

https://www.instagram.com/irorimotsunabe_mantenya/


【天下一手羽先】

https://www.weeeeks.com/post/tenkaichi_tebasaki_1

インスタ

https://www.instagram.com/tenkaichi_tebasaki/